令和2年10月1日から令和2年11月30日までの間、現在行われている基幹的設備改良工事の共通設備工事に伴い焼却炉が停止するため、可燃性粗大ごみ破砕処理物の焼却処理が出来なくなります。

一部の可燃性粗大ごみは外部へ処理委託しますが、それ以外の物はストックヤードに溜めておくしかなく、溜めておける量にも限りがあるため、搬入量の削減を図る必要があります。そこで、一般家庭からの持ち込みを優先するため、一般廃棄物収集運搬許可業者からの搬入を一時中止とさせていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

受け入れ中止期間  令和2年12月28日まで

※ストックヤードの状況によっては、短縮する可能性もあります