焼却施設の基幹的設備改良工事(大規模改修工事)が、令和2年1月より本格的に始まります。

この大規模改修工事は、現状の設備や装置等の損傷状況を踏まえて、今後の当施設における安全かつ安定したごみ処理を実施しつつ、施設の延命化や焼却能力の回復を図ることを目的とした工事であり、古くなった機械の入れ替えや、焼却炉本体の改修工事を行います。

工事期間中は大型車や大型クレーンによる器材の搬入等が行われます。ごみを持ち込まれる方には何かとご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

工事期間 令和2年1月から令和4年2月まで